草花木果 竹 化粧水

古い角質にアプローチしながらしっとり仕上げてくれる草花木果の透肌化粧水のご紹介

 

古い角質にアプローチしながらしっとり仕上げてくれる草花木果の透肌化粧水のご紹介

 

毛穴の目立ちは多くの女性が抱えている悩みです。

 

いつのまにか目立ってきてしまう毛穴。

 

そして一度目立ってしまった毛穴をケアすることは大変なものです。

 

効果的なピーリングやパックなどで積極的に毛穴ケアしている方も多いと思いますが、肌への負担が心配になりますよね。

 

草花木果の透肌スキンケア・竹は、自然のやさしい力で毛穴の目立ちにアプローチするので肌へのダメージを与える心配がありません。

 

ここでは、ライン使いのアイテムの中から化粧水のご紹介をしたいと思います。

 

さっぱりとしっとりの嬉しい2タイプが用意されています。

 

どんな魅力が詰まっているのでしょうか。

 

 

草花木果の透肌化粧水とは?

 

草花木果の透肌化粧水とは?

 

毛穴が気になる方におすすめの草花木果の透肌スキンケア・竹。

 

ライン使いすることで、毛穴が気にならないすこやかな肌に導いてくれます。

 

毛穴の目立ちの原因は古くなった角質にあります。透肌化粧水は、その古くなった角質や毛穴の汚れに働きかけます。

 

そして同時に植物成分の竹エキスなどうるおいが肌に浸透してキメの整った毛穴目立ちのない肌へ導いてくれます。

 

みずみずしいすっきりとしたうるおいのさっぱりタイプと、まろやかでしっとりうるおうしっとりタイプの2種類から選ぶことができます。

 

通常価格は180mlで3,024円です。

 

トライアルサイズは40mlで756円です。

 

お得で嬉しいトライアルサイズがあるので、さっぱりタイプとしっとりタイプの両方試してみて、肌との相性を見るのも良いですね。

 

 

毛穴目立ちの原因である古い角質にアプローチ

 

毛穴の悩みは年齢によってつまり毛穴や開き毛穴など、様々なタイプがあります。

 

そして、共通している原因は古い角質です。透肌化粧水には、この古くなった角質をはがれやすくするためのアミノTGという成分を配合しています。

 

サトウダイコンや綿実などの天然の角質クリアサポート成分なので、無理に剥がしとるのではなく、やさしく古い角質にアプローチします。

 

 

キメの整ったふっくら肌へ

 

キメの整った肌は毛穴の目立ちがありません。

 

キメが荒くなってきてしまうと毛穴が目立つようになるのです。

 

透肌化粧水に配合されている清潤環植物成分により、キメが整ったふっくら肌を導きます。

 

清潤環植物成分とは、草花木果が独自に開発した新成分です。

 

ボタンエキス、イチヤクソウエキス、アンズ果汁の日本伝統の3つの植物エキスと、保湿成分グリセリンを組み合わせています。

 

日本古来の知恵と自然の力をスキンケアに活かそうという草花木果らしい成分ですね。

 

昔から日本人に寄り添ってきた植物の力ということでとても安心できる成分です。

 

 

嬉しい天然香料100%

 

透肌化粧水は、ゆずやローズマリーから抽出した天然香料を配合しており、すがすがしい竹をイメージした香りが特徴です。

 

スキンケアする時に香りの効果はとても大きいですよね。

 

しかも自然の香りにはリラックス効果など様々なメリットがあります。

 

 

草花木果の透肌化粧水の成分は?

 

草花木果の透肌化粧水の成分は?

 

ここで、透肌化粧水の全成分を見てみましょう。

 

・さっぱりタイプ
水 エタノール ベタイン DPG グリセリン 温泉水 PEG/PPG−14/7ジメチルエーテル ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン アンズ果汁 ユズ果実エキス ボタンエキス ローズマリー油 モウソウチク茎エキス イチヤクソウエキス PEG−12ジメチコン クエン酸Na クエン酸 ステアロイルメチルタウリンNa メタリン酸Na ピロ亜硫酸Na カプリル酸グリセリル トコフェロール フェノキシエタノール 香料

 

・しっとりタイプ
水 DPG BG ベタイン グリセリン エタノール 温泉水 PEG/PPG−14/7ジメチルエーテル ヒドロキシエチルウレア キサンタンガム 乳酸 アンズ果汁 ユズ果実エキス ヒアルロン酸Na ボタンエキス ローズマリー油 モウソウチク茎エキス イチヤクソウエキス ジメチコン カルボマー 水酸化K EDTA−2Na (アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10−30))コポリマー 乳酸アンモニウム カプリル酸グリセリル フェノキシエタノール 香料

 

どちらもタイプにも防腐剤であるパラベン、鉱物油、タール系色素、合成香料は一切入っていません。

 

肌の負担をできるだけ少なくする努力のもと作られている化粧水です。

 

 

草花木果の透肌化粧水の使い方は?

 

草花木果の透肌化粧水の使い方は?

 

ここで、透肌化粧水の使い方をご紹介しましょう。

 

 

  1. 洗顔をした後、コットンに化粧水を500円玉くらいの大きさ分とります。

    中指と薬指にのせて指ではさむようにします。

  2.  

  3. 毛穴やくすみの原因となる角質をふきとるようにしながら、顔全体になじませます。

    化粧水を使う時にコットンを使わないという方も多いと思います。しかし、透肌化粧水は、コットンで軽くおさえることで、肌のすみずみまで均一にうるおいを届けることができます。強く力を加えないように注意してやさしいケアを心掛けましょう。

 

コットンはできるだけやさしいものを使いたいですね。

 

草花木果でも天然コットンを販売しているので合わせて使ってみるのも良いですね。

 

 

草花木果の透肌化粧水の口コミは?

 

透肌化粧水は、古い角質に働きかけながらうるおいを与えてくれて、キメの整った肌が導かれることがわかりました。

 

そこで気になるのが、この嬉しい効果がしっかりと使っている方に届いているかどうかです。

 

実際に透肌化粧水を使っている方はどのような感想を持っているのか気になりますよね。

 

また、透肌化粧水はさっぱりタイプとしっとりタイプがあります。

 

この2つのタイプの違いも知りたいですよね。

 

それぞれのタイプを使っている方の口コミをご紹介したいと思います。

 

 

【さっぱりタイプ】

 

まずは、さっぱりタイプを使っている方の感想です。

 

 

・化粧水のべたつきが嫌で、様々な化粧水を試してきましたが、透肌化粧水が一番さっぱりしています。そして使った後は、さっぱりなのに肌はしっとりしているのが気に入っています。リピートしています。


 

 

・さっぱりタイプなのに、ちょうど良い保湿感があります。浸透も早いです。内側からしっかり潤う感じがして良い感じです。


 

さっぱり感とうるおい感が同時に味わえる化粧水ということがわかります。
すっきり爽快感がある化粧水でもつっぱり感があると困りますよね。

 

透肌化粧水のさっぱりタイプは、ちょうど良いテクスチャーが人気の秘密なのですね。

 

 

【しっとりタイプ】

 

次に、しっとりタイプを使っている方の感想です。

 

 

・肌をクリアにしてくれて、うるおいを与えてくれるので、一石二鳥という感じです。夏でも嫌なべたつきが少ないので使い心地が良いです。


 

 

・しっとりとしているので、乾燥する季節にぴったりです。しっとりしているのにべたつかないので、リピートして何度も使っています。毛穴も少しずつ目立たなくなってきたように感じます。


 

しっとりタイプは、冬の時期は乾燥のひどい時に良いというコメントが多くありました。

 

夏はさっぱりタイプ、冬はしっとりタイプと上手に使い分けている方も多いです。

 

しっとりタイプは、うるおい感がたっぷりですが、嫌なべたつきはないところも人気です。

 

 

以上、透肌化粧水(さっぱり・しっとり)についてご紹介してきました。

 

化粧水は洗顔した肌をしっかりうるおして、次のステップのスキンケアがスムーズにできるようにする役割があります。

 

透肌化粧水は、うるおい効果に加えて、古い角質への働きかけもしてくれます。

 

嬉しい効果が詰まった魅力的な化粧水ですね。

 

 

↓毛穴の悩みに 初回限定1,000円はこちら↓

竹